山の日

本日は山の日登った方も、

そ~でない方も今の時期でしか楽しめない
秋には紅葉、これはまた別な味のある季節です。

さて、私、本日磐梯山に、昨年は会津駒ケ岳に、
今年は山の日制定もあり、本当に人が多かった~
さて、オリンピックの柔道の決勝を観戦しながら、スキー場到着し、準備をしながら・・・、
今日は登山客、多いかな?!

スキー場の上までは行けません、まずは必ず入山届を、

「熊注意」気になりますが、この地区は本当に熊が生息してます、
要注意です
さぁ~、ここからはオフシーズンのスキー場横をひたすら登り上げます、

登山口の分岐まで約30分、

スキー場の左上部から、看板のポイントを入って行きます、
あとはひたすら林道の中を、たまたま、入口を聞かれた方です。

左奥「噴火口」に向かいます。

時々看板が出ます。

林道の中、ちらっと尾根が見えます。

噴火の痕、左側にはイエローフォールがあるはず、
今は水がちょろちょろかな?!

これより先は鉄製の手すりがあります、
人はひとり通れるくらいなので、ゆっくりと登り上げます。



朝いちは磐梯山山頂も、櫛ケ峰も雲が、



ここまで、写真撮ったり、またりと、約3時間をかけました、
この頃がら人が増えはじめました。

山頂到着、4時間30分

山頂は大渋滞、
30分ほど休憩し、次が来ないうちに下山を、


裏磐梯スキー場への分岐へ、ここからは滑りやすく、水場も多く、湿った所が多いので気を付けて下さい。

ひたすら下ります。

オフシーズンの銅沼(あかぬま)、先日の「ブラタモリ」の影響ですかね~、
一般の方も来てました。

スキー場に戻り、おっ、やはり車が多いですね

ひとり登山でしたので、ゆっくりと弘法清水の小屋の方とも話したり、
そんな一日でした。
ログを参考になればです。

裏磐梯スキー場への時計回りコースです。
全行程8時間20分、距離11.6キロ、標高差914m

感想、イヤ~~~、シンドカッタ(笑)
暑過ぎました