ちょっとしたケア、

週末にかけて寒波予報

期待ですね!
シーズンインはしたが、体も慣れず、新調したギアにも慣れず、
ゲレンデも雪質としては、まだまだハイシーズンではないため、
慎重に、まずは慣らし、慣らしです。
週末に怪我の話を聞きましたが、とにかく無理からくる状況の様です。
私たちも販売時にエッジの説明をし、ノーズ、テールの角を取る作業のダリングのみならず、
カービング系の方であれば、ベースエッジ、サイドエッジのビベリングも必要性があるかと思います。

実際に処理をした板は、ひっかりが少なくなり、
非常にターン性能がアップします!
気持ち良く滑れるコツとしても、ちょっとしたチューンナップとして、
エッジのビベリングもご検討下さい。
基本、雪に接地する面のベースエッジを削ります、
初心者向けにはベースを0.5~1度、サイドエッジの処理は無し。
パーク、グラトリ派の方は、ベースを1~2度、サイドエッジの処理は無し。
カービング系の方は、ベースを1~2度、サイドエッジは1度程度。
それぞれに違い、滑っての感じも全く変わります!
ネットの情報ではなく、自分の滑りで感覚を味わって下さい!

詳細(作業内容、価格、作業期間)は店頭にてご確認下さい。
なお、板によっては処理が出来ないものもありますので、ご注意下さい。