クライミングスキンのグルートラブルを防ぐ

シーズンオフ、クライミングスキンのメンテナンスと保管方法について
経験をした方も多いと思いますが、スプリットボードはここ数年で人口も増えましたが
実際に経験値が少ない方も多いため、それぞれのメンテナンスに困ってる方も多いようです

クライミングスキンでは毛側の登行性能や滑走性能も重要ですが、それ以上にグルー(接着剤)側の接着力が重要です
ツアー全般にトラブルが生じると、その後のツアーに支障を来すことがあります
skin

今回はグルートラブルの症状と原因、トラブルを防ぐ保管方法をご紹介します

まずはスキンの洗濯!
スキン両面の汚れは必ず保管前にお風呂場等で洗いましょう
まずはグルー面を中性洗剤を使い、ブラシ等でゴミを取り、きれいにしましょう
次は毛側を洗うために、風呂場の壁にノーズ側を上に貼り付けグルー面同様に洗ってください
洗いへらなどで上から下にしごき水分を出し切ってください
次が一番大事な乾燥になります
グルー面を上にし、ハンガー、突っ張り棒でスキンを吊り下げ
とにかく時間をかけ両面、スキンの中まで乾燥をさせて下さい
20220514_050845892_iOS
この乾燥を怠るとグルーが加水分解し、べたべたになります

しっかり乾燥できたら、当店の場合はクッキングシートをグルー面に貼り付け
ゴミが付かないようにし
20220514_051055627_iOS
くるくると丸め除湿剤を入れた箱で保管します
かつては、冷蔵庫や冷凍庫で保管が一番説もありましたが
前工程の乾燥がしっかり出来ていれば、加水分解は起きないため、とにかく時間をかけ作業をしてください
とにかく温度差が大きいと結露を生じグルーが加水分解します

慣れると難しくはありませんのでお試し下さい。

なお、グルーがべたべたになった場合、張り替えとなります
また後日案内させていただきます。

  
BASE ONLINE SHOP