そこは個人の好みでパーツアレンジもありです!
一例として、
PLUM WOM HOOK
plum hooksplum hooks 002
印のある色目が冬に入荷します。
人と違った板にアレンジするも良しですね

またGENTEMSTICKのスプリットボード、CHOPSTICKについても、
販売に当たり仕様変更がありました。
ノーズ、テールのフックをカラコラム社のロック式フックに変更、
荒れた雪面、深い雪を滑った後に、気が付くとロックが外れていることがあり、
そのストレスから解消されます。
Tip-LockTip-Lock-Locked-and-Open
なお、ラインナップ上で、FLYFISKは対象外です。
また、中間のカラコラムフックにかんしても、GENTEMSTICKは写真の、
Phantom Hercules Hooksに変更となります。
phantom hook

とにかく、自分なりに好きにアレンジする面白さ、
スプリットボードには決まりが全くありません、新しいものを追求するも、
同じものを大切に使うも良しです。
でも、一度いじり出すときりが無いほど楽しめます

さらにはクライミングスキンにおいても、ここ数年で情報がしっかりとし、
ブランドの好み、タイプの好み、メンテナンス性についても、
それぞれが異なり、これまた勉強になります

ソリッドボードに無い楽しみ方がたくさんあります