フリーライディングの極み パート2

ゲンテン、
本当に不思議な板です、
前回はマンタレイを紹介させていただきましたが、
パート2の今回は、ザ・ゲンテンと言っても良いでしょう!
フラットキャンバーシリーズ
flat camber

左から、TT160、TT165Classic、SLASHER
(右の2本は保護フィルムをラミネートしてます)
当店スタートの頃は、右のTT165、SLASHERを代表としてましたが、
写真の様に中央、TT165Classicは他に比べ、
先端のとんがり、フラット、サイドの反りもあり、
乗り手によっては難しい💦と苦戦する方もいますが、
慣れてしまうと、その悩みが解消され、滑りのクイックさを楽しめる板となります。

写真右のSLASHER、
この板はフラットキャンバーを感じさせない、
本当に素直な板です。
ハードバーンでもキャンバーボードの様に切れ!切れ!です。
中央のClassicに比較し、全体が幅広く、
ゆったりとした感じで滑れます。

さて、左TT160、
Classicより幅を広く、安定した滑りが楽しめ、
サイズを短くする効果として、取り回しが楽!!!
しっかりとした粘りがあり、ギュン、ギュンに滑りを楽しめます。
今年は当店とゲンテンでのコラボもでるとして限定数販売!
玉井太郎さんにサインを入れていただいた貴重な板になります。
20191201_023614199_iOS
20191201_023625145_iOS
20191201_023637981_iOS

なお、今シーズンモデルより、
表面のクリア処理が変更となり、全体的にソフト感があります。

板の選択に参考になれば幸いです。

もっと聞きたい方、ぜひ、ご来店下さい。